年会費無料のクレジットカードのメリットとデメリットについて

よく知られているようにクレジットカードには年会費が発生するものと無料のものがあります。

サービスを利用する時にクレジットカード決済を利用すれば、その場で現金の受け渡しをせずとも取引が成立することは、年会費の有り無しとは関係なく、クレジットカードで使える機能です。

分割払いや、リボルビング払いのように、支払い方法を選択できることも、どのクレジットカードでもできます。

何が大きく違うかというと、クレジットカードの多くに特典というものが付いていて、それが年会費無料と有料のクレジットカードの大きな差になっています。

クレジットカードを使った買い物をすると、一定の条件を満たすと割引ができたり、ポイントが溜まったりします。

また、空港でラウンジが無料で使えるなどのサービスかついているクレジットカードも存在します。

よりよい特典サービスがついているクレジットカードは、年会費が発生するものが少なくありません。

年会費無料のクレジットカードには特典がまったくないということではありませんが、特典内容の充実度には差があります。

年会費の発生しないクレジットカードでも、ポイント特典や優遇割引など、お得なサービスはよく見かけます。

クレジットカードを選ぶ時には、それぞれのカードの利点と弱点を踏まえた上で、自分に合うクレジットカードはどちらかを判断するということです。

年会費が有料の場合は、特典内容に魅力がありますが、必ずしも必要でなかったり、特典を受け取れる機会がなかったり、メリットを十分に活用できない場合もあります。

年会費が発生しないクレジットカードなら、使わずにいても損にはなりませんし、使えばお得なサービスを活用することができるでしょう。

普段の自分の消費スタイルを考慮してクレジットカードを選べば、年会費無料のクレジットカードのサービスも使いこなせるでしょう。