住宅ローンを組む時のガン特約について

近年では、住宅ローンを組む時には特約をつけることが多く、つけられる特約の種類も多様化しています。

住宅ローンを検討したことがあれば知っていることですが、住宅ローンを利用する時には、様々な特約を組み込むことができます。

ガン特約や死亡特約、障害特約などいくつかの種類があり、特にここ数年で注目されているローン特約は、ガン特約です。

住宅ローンを組んで、返済を続けている時にガンになったことが判明すると、ローンの支払いが棒引きにされるものがガン特約です。

ただし、がん特約といってもがんの程度が定義されていて、末期のがんでなければ当てはまりませんでした。

がんに関する医療技術が高くなったこともあって、がんの発見タイミングも早まり、生存率も高くなって、がんは死ぬ病気ではなくなっています。

以前は、がんの中でも症状の重いものだけがローン免除の対象になっていましたが、この頃はそれ以外のがんでも使えるようになっています。

近年のガン特約は、ガンと診断されたことがある人なら誰でも、ローン特約が使えるようになっています。

つまり、どんなに初期でも軽度でも、病院でガンと診断されたらそれ以降のローンの支払いは免除されるのです。

万が一の事態に備えてて今から対策を立てておくことは、ガン特約に限らず、必要なことだといえます。

発見されたがんがごく小さなものだったとしても、治療の必要性が生じますし、仕事向きにも関係していることがあります。

特約をつけてるとローンの返済金負担が大きくなってしまいますが、長期的な視点で考えた時には、ローンを使う時には特約はありがたいものです。