住宅ローンの審査が通らなかった場合に役に立つ特約について

新しく土地や家を購入する時は、まとまった資金を速やかに調達するために、住宅ローンを組む人が多いようです。

ローンを組む時には審査をクリアしなければならないので、審査結果が明らかになるまで待つ必要があります。

融資が可能かどうかの結果が出る前に、不動産の売買を成立させる例も少なくありません。

住宅ローンの特約をつけて不動産の購入契約を行うことは、もしもの自体に備えて必要不可欠なことです。

動産会社と、不動産の売買契約を一旦は結んだ場合でも、住宅ローン特約がつけてあれば、ローンの審査に断られて融資を受けられなかった時には、家を買う契約を取り消せます。

あてにしていた融資が借りられなくなったのに、住居の売買契約は続行で、資金調達に奔走することになることが避けられます。

住宅ローン特約をつけておくことで、不動産業者との売買トラブルが起きる可能性を減らし、スムーズな取引ができようにします。

住宅ローンの特約をつけずに不動産売買の契約を行った場合、結果的に住宅ローンの審査は断られてしまい購入手続きを中断しても、手付金はそのままということもあります。

売買契約のタイミングで手付金を支払うことが多いですが、ローン特約が発動すれば売り主から手付金を返還してもらうことができます。

やむをえず、契約をなかったことにしたい場合は、契約者側に金銭的な負担が大きくならないようにしておきたいものです。

手付金だけに問題は留まらず、損害賠償金を支払わざるをえないことにもなりえます。

住宅ローン特約をつけた上で売買契約を交わすことで、住宅ローンが利用できなくなった時でも、問題が悪化しないように手を打っておけます。